カテゴリ:宮城県 鎌先温泉( 1 )

遠刈田温泉

c0011342_0144655.jpg

次の日には、憧れの遠刈田温泉へいくことに。
白石駅からバスがでており、鎌先温泉近くですが、白石駅までは平日100円バスが走ってることの情報を入手。

電車で旅をするにはバスが不可欠で、ないところは仕方なくタクシーですが、そこでおじさんがいつも『バスが昔は走っていたんだけど…』と耳にしました。
こちらも同じで利用客の減少から今は村の人がやっているとかで100円なのだそう…。

駅まで、あたくしたち以外は皆、お年寄りで満席。
不思議な感じでしたがお年寄りは車が運転できないからやはりバスが有効なのですね。

こんなとき、都会ばかりに人が集まってしまう現実に、こんなに素敵な場所が沢山あるのに・・・。と切実に思うのでした。
c0011342_0502350.jpg

そんなこんなで、100円だから…白石駅まで戻り、1時間ほどバスで、遠刈田温泉へ。
車があれば、蔵王のドライブルートを堪能できるのですが、終点で下車し、
去年できた、立ち寄り湯の『神の湯』に、足湯を発見。
早速入ってみることにしましたが、とてもとても熱くては入れない。

熱い足湯といえば、かみのやま温泉。昨日はあんなにぬるい温泉だったのに、
かみのやまといい、こちらといい温度かなり高いです。46度だったかな。

c0011342_045657.jpg
しかし、それも話題の一つとなり熱い熱いといいながら旅のお方と会話を交わしながら入る足湯が楽しいです。
こけしが有名なこの街で、蔵王の山を見渡せる橋でばっちりこけしを撮ってきました。
この橋から見える景色は素晴らしいです。
c0011342_015504.jpg

ランチには、たまに旅先で食べたくなる洋食。ドイツで修行をしてきて、ソーセージでは数々の賞を受賞してというロッジ風なおしゃれなレストランの『ベルツ』へ。
スキーの帰りなどに、こんなお店があるとうれしいですね。
ソーセージをナイフとフォークで、ドイツビールと併せて!
とっても美味しいお料理。こんな場所でも、洋食やに沢山の人でにぎわってました。
c0011342_0161047.jpg

このエリアには沢山の宿に、立ち寄り湯はいくつかありますが、
前回かみのやまで50円で共同風呂に入ったのですから
近所の人が入りにいくような銭湯でもと・・・。
とこちらも新しい壽の湯へ。
c0011342_0274155.jpg

足湯でだいぶ慣れたせいか、とても熱いお湯ですが、不思議と快適に。

鎌先温泉と似た褐色。かけ流しのお湯はここまで来た甲斐があったと実感するほど
気持ちのよいものでした。

地元のおばちゃんが沢山入っているので、少し気を使いつつも雰囲気を楽しめるこんな共同風呂は旅の醍醐味ですね。
[PR]
by kokotree | 2007-05-01 23:24 | 宮城県 鎌先温泉