カテゴリ:岡山県( 2 )

岡山で結婚式に

c0011342_23224156.jpg

岡山に来たのは友達の結婚式でして、

前日からホテルに滞在していたときにフラワーアレンジメントをやっているお母様が
コサージュを手作りしてくださりいただきました。
c0011342_23293041.jpg

ついおとといまで病院のベットの上でした。

元気のない私にこのお花のにおいをかぐと心が休まるから枕元において・・

とたくさんのお花をくださいました。

お母様は何度もお花のお部屋に呼んでくださって色々説明してくださいました。

岡山市内から少し走った山を越えたところにメルヘンチックな会場がありました。
c0011342_23283512.jpg

肌寒い中でしたが、桜がしっとりと咲き始め最高の花嫁の笑顔は私の心を暖まりました。

お花がいっぱいの結婚式は女の子の憧れです。

そんな素敵なお母様をお持ちの友達が羨ましいです。

そして、私はお花ばかり写真をとっていまして。

そして、どっさりお花をいただいてきちゃいました。
c0011342_2327878.jpg
c0011342_232813.jpg
c0011342_23282196.jpg

[PR]
by kokotree | 2011-04-03 23:36 | 岡山県

岡山県で備前に触れる

c0011342_220423.jpg
岡山に行ったら倉敷はもとより一番行きたかったのは備前。
備前焼きに詳しくなくとも憧れで、我が家にも幾つかあります。

岡山駅から30分、ローカル線で伊部駅で下車。

観光ガイドをみるに閑散とした土地であまり期待はしていませんで、駅も人はまばらでした。

煙突が見える方へとりあえず進んでみる。

壁に埋め込まれた備前焼の壺に煙突。

すぐに備前の雰囲気を感じることができました。

いくつもの工房があり様々な方の沢山の作品をみることができます。

そこで初めて沢山の作り手がいることを知りました。

人間国宝の高級な作品を展示している店もあれば、工房で作られてる方の作品だったり。

素人にとって備前焼は手の届かない高級品。だけれど有名なアーティストだけではなくお気に入りの逸品を見つけるのもいいかもしれませんね。

お店の奥にはこんな素敵な中庭があったり。

どこのお店の方も親切で作品の説明も沢山して下さいました。

敷居が高いと思っていたもののこんなにも身近に触れられるなんて本当に嬉しく感じました。

街中のカーブの多い通りは趣があって。
気になる小道をちょっと入ってみるとあちらこちらに備前を感じることができて。

予想以上の備前焼き一色の街に興奮してました。

昭和初期まで共通の窯として使われていたもの。

その隣には赤松の薪が山のように積み上げられて。
c0011342_2224654.jpg

吸い込まれるように近寄ってみるとおばあちゃんに声を掛けられました。

『これらは誇り被ったりしてるから安くしてるんだよ』

可愛らしい箸置きは100円。

お猪口や湯のみも500円。

え~っこんなに素敵なのに安すぎる。

因みに我が家にあった備前の湯のみは、ひとつ一万円。

いいじゃない誇り被ってたって出来が悪くても備前の特徴と魅力は健在なのよ。
ついそんなんで沢山買い込んで、しまいにはこれはあげるよ…とおばあちゃんゆのみもくれた。

『備前焼は使っていくとよくなるんだよ…』

見て楽しむのもありですけど使ってこそですよね。

備前焼を日常的に使えるなんて夢のようです。
c0011342_22384.jpg


神社もあって、勿論これでもカッ!って位備前焼をふんだんに使っていて。

神社の屋根瓦を見た時に、沖縄の屋根を思い出したなぁ。

どちらも“素”の良さが魅力なんだろな。

気がついたら午後めいいっぱいこの街を散策していました。
街のあちこちに煙突があって。

贅沢で、全てが別世界で。こんな街があることに本当に感動しました。

最高の最高の時間でした。
c0011342_2212546.jpg
c0011342_2221044.jpg
c0011342_2222917.jpg

[PR]
by kokotree | 2011-04-02 22:03 | 岡山県