<   2009年 04月 ( 13 )   > この月の画像一覧

湯元不忘閣 2日目

朝が苦手な私も温泉宿に行くと、お風呂に入らなければという使命感からか5時くらいから目が覚めます。
夜はちょっぴり怖くていけなかった川端康成や、伊達藩が愛した450年もの歴史を刻む『新湯』へ。
c0011342_0113260.jpg

ひとけがない長い廊下の奥、さらに地下へ階段で下るので夜はちょっと怖いです。
c0011342_22425223.jpg

まぶしいほどの太陽の光が湯船を照らしていて神秘的です。
c0011342_22571816.jpg

石組の長い歴史を刻むお風呂に一人つかりながらぐっとそのすばらしさを体感しました。
c0011342_22582061.jpg

蔵湯の概観。あれほど大きな蔵の中にひとつお風呂が贅沢にもあるわけです。
c0011342_22595100.jpg

では、朝の貸切の蔵湯へ。
c0011342_22593058.jpg

夜は暗くて見えなかった足元もクリアに
c0011342_2315331.jpg

扉の隙間から差し込む朝日が夜とは違った味わいを見せています。
c0011342_2333239.jpg

蔵の柱作りが天井まで見上げることができました。この貸切風呂はため息がでるほど贅沢です。
c0011342_2351136.jpg

朝も夕飯と同じお部屋でいただきます。
c0011342_23434438.jpg

朝も充実した内容です。笹かまは必須アイテム?
c0011342_23445712.jpg

竹筒に入ったほかほかのお豆腐は絶品でした。
c0011342_23461754.jpg

再び食後は昨年改装の後に建てられた、その昔は伊達政宗専用の浴槽であった大湯へ
c0011342_23503885.jpg

広い・・広い・・ばしゃばしゃと流れるお湯の音がなんだかとても心地よく、脱衣所と湯船が
平行しているのって素敵ですね
c0011342_23513374.jpg

8時30分から宿泊の方を対象に行われる伊達藩主のための宿所、青根御殿へ案内を受ける
c0011342_23541064.jpg

ガラスのデザインが凝っていて私はずっと見惚れていました・・。今はこのガラスもうないそうですよ。
c0011342_23554098.jpg

伊達家の品々をおかみさんが説明してくださいました。
c0011342_23564775.jpg

こんな景色が見下ろせる。まさに御殿です。
c0011342_23584516.jpg

あちらに見えるトタン屋根の湯治宿は100年以上のもの。そして昨晩の夕飯に使ったお部屋。
c0011342_23595532.jpg

その感激と喜びを忘れないように「不忘」と名付けたとのこと。
c0011342_011190.jpg

上から見下ろすのも格別ですね。
c0011342_065374.jpg


たっぷりとお宿の歴史やお風呂、お食事を満喫し、お宿の方に遠刈田まで送っていただきました。

秘湯宿のスタンプ帳をはじめてまだまだ秘湯暦の浅い私ですが、こちらのお宿に出会い
どっぷりと秘湯の世界にはまってしまいそうです。

充実した宿泊でした、また冬の季節に必ずおとずれたいと思います。
[PR]
by kokotree | 2009-04-30 22:55 | 岩手県 青根温泉《湯元不忘閣》

湯元不忘閣

《行程》
東京駅(新幹線)→白石蔵王→遠刈田温泉(送迎)→→青根温泉

東京駅で何時の電車に乗ろうかと時刻をチェック。
白石蔵王に停車する新幹線は一時間に一本しかないことが発覚…。出だしからいきなりつまずく。
c0011342_21135223.jpg

閑散とした白石蔵王駅に下車。
ヒコニャン?らしきキャラクターとご対面。白石も頑張ってます。
c0011342_21133270.jpg

青根温泉行きのバスで下車すれば良いとのことで探すがバスがない…。
なんと廃止になったらしい。
本日二度目のツマヅキ。

まぁ、廃止になっているという境遇は毎度のこと。

慌てて宿に連絡すると遠刈田にある蔵王ロイヤルまで行けば迎えに来てくれるとのことでとりあえずバスに乗り込む。

このバスも二時間に一本だから逃したらまずい。

いざ、駅を後に。
c0011342_2114426.jpg


40分程バスに揺られて見えてきました大きなホテル。
近くには山を守るかのように立てられた立派な鳥居がありました。
c0011342_21141831.jpg


お宿に連絡し送迎に来てもらい山道をぐるぐるとすすむと見えてきました。
c0011342_21595416.jpg

想像よりも大きな建物に驚き。
c0011342_2212157.jpg

このなんともいえないひなびた雰囲気が私は大好きなのであります。
もちろんおきまりの秘湯提燈もあります。
c0011342_21404792.jpg

入り口は綺麗で、綺麗なお花がステキに生けられてました。
c0011342_21143557.jpg

階段が大変なのです・・・との言葉も納得。
c0011342_21171159.jpg

長~い長い階段を上り頂上?にあるお部屋に案内されました。
c0011342_21165775.jpg

お部屋からは竹林が眺められ景色がよい。
c0011342_21145273.jpg

蔵の外壁を思わせる入り口の床デザインはなんだかオシャレ。
c0011342_21154523.jpg

本日はいの間に宿泊
c0011342_21161157.jpg

早速館内を探索
c0011342_2127488.jpg

何百年もの昔に沢山の湯治客で賑わったそう。
本日はこちらの湯治宿で皆それぞれのお部屋でお食事をいただきます。
c0011342_21244651.jpg

西日が良い空気をかもし出しています。
c0011342_21202289.jpg

今にも底が抜けてしまいそうな廊下も私には感動・・・。
c0011342_21212421.jpg

ウッドの暖かい雰囲気とアンティーク調のチェア。古きよき日本の風情も北欧インテリアに似てますね。
c0011342_21204744.jpg

さて、一端お宿を離れ近くを散策へ
c0011342_2141528.jpg

蔵王中腹に位置するお宿。沢山の車が足を止めてお宿を眺めていました。
c0011342_21443036.jpg

今はほとんどのお店が営業していないです・・・。
c0011342_21444758.jpg

お宿からすぐのところに倉庫を改良?したところに足湯がありました。
c0011342_2145713.jpg

坂を下ると向こうにはきれいな景色が
c0011342_21482381.jpg

その景色を見下ろすようにたてられた写真館。
c0011342_21485931.jpg

人気がないのですが勝手に入ってみたら中から人が出てきました
c0011342_2153790.jpg

こちらからの景色は格別でした。
c0011342_21533135.jpg

青根温泉というこのエリアにはいくつかの風格のあるお宿があります。
c0011342_21542333.jpg

山の途中にも足湯がありました。
c0011342_21553643.jpg

山間のこんな小さな集落がまだまだがんばっているんだなあとしみじみと感じる。
c0011342_21565036.jpg

再びお宿に戻ります。
c0011342_21592360.jpg

湯上りの無料のコーヒーやお茶のサービスのあるお休み処。蔵王のお酒も常備されているので、
飲みまくり・・です。滞在中は何度となくお休みさせていただきました。
c0011342_21173412.jpg

囲炉裏では、お餅も焼いてくれるのかな。本日は草もちとこんにゃくがありました。
こんなお心遣いがほんとにありがたいです。
c0011342_21175298.jpg

提燈がこんなところにもあります。
c0011342_047686.jpg

20時でお風呂が入れ替えになるので、夕飯の前に内湯へ。
c0011342_0491476.jpg

つるつるの源泉が流れていました。
c0011342_2224348.jpg

湯治室もあります。
c0011342_2253693.jpg

夕飯の時間。それぞれ個室でいただきます。
c0011342_22165968.jpg

会席料理はどれも色合いが美しく美味しいものでした。
c0011342_0583328.jpg

前菜はとってもカラフル!
c0011342_052841.jpg

山菜をメインにお魚料理も充実しています。
c0011342_2294344.jpg

茶碗蒸しの器も素敵です。
c0011342_22101279.jpg

食後に。と、かごがサービスされ、中を開けるとかわいらしいデザートが。
c0011342_22103285.jpg

食事が終わり、貸切のお風呂へようやく空きができたのでいってきました。
c0011342_22105618.jpg

明かりを頼りに、暗い暗い、蔵の脇を歩く。
c0011342_2212304.jpg

提燈がお出迎え。大きな重いとびらを開くと・・
c0011342_22111562.jpg

広い・・広いひろーーーい!!
c0011342_2213694.jpg

広い蔵の空間を利用したお風呂。その広さに圧巻。こちらの空間といい、その雰囲気といい。
一番です。今まで出会ったお風呂で一番素敵でした。
[PR]
by kokotree | 2009-04-29 23:10 | 温泉

GWの予定

また旅に出ます

恒例の東北旅行。

目指すはおくりびとで有名になった山形県酒田。

青根温泉→仙台→までは決まっていますがそれから酒田へ向かう手段は旅の気分で決めます。

それから…クリネックススタジアムで楽天の試合を見てきます。

明日まーくん登板なので見られないですが、甲子園で見た高校野球以来なので楽しみです。

時間があればサンドイッチマンが絶賛していた厚揚げやさんに行こうかな。
[PR]
by kokotree | 2009-04-28 22:17

沖縄料理

c0011342_9445248.jpg

下北沢にある、沖縄料理やさん。
通る度に美味しそうなディスプレイに惹かれてました。
定食がメインで¥950とやや高めですが。
ソーキソバとご飯つき。
やっぱりおそばは外せないので嬉しい限りです。

沖縄陶器に入ってるだけで嬉しくなります。

ゴーヤ定食

ラフテー定食

地図を眺めながら沖縄旅行の思い出話をしたり下北沢で沖縄を感じられる素敵な空間です。
[PR]
by kokotree | 2009-04-28 09:44 | 下北沢・吉祥寺

石垣島のジュースといえば

c0011342_2015562.jpg

石垣島の川平ファームのジュース。

お土産でもらってからあまりの美味しさに取り寄せをしようと考えた矢先、東急の沖縄物産店で偶然見かけ感激のあまり買ってしまいました。
手頃な価格の小瓶も販売されていましたが、完売でした。

パッションフルーツが一番お気に入りで私は日本で一番美味しいジュースだと思います。

年に3回程こうして物産店で出店されるとのことでした。

混じりっけのない純粋な味わい。一度飲んだら忘れられなくなること間違いなしです。

ジュースの出会いはNZで飲んだオレンジジュース。
何の添加物の入ってない濃厚な味わいは格別でした。
私のジュースとは無縁だった両親もNZで飲んでからというもののちょっぴり高い無添加のオレンジジュースを常備するようになりました。
[PR]
by kokotree | 2009-04-27 20:01

ふーみん 青山

青山にある小原流会館の地下にある中華料理の”ふーみん”

坂井宏行氏等一流の料理人がこぞって推薦する店。ランチ時には常に行列が耐えません。

土曜のランチもあるのか心配していましたが、ありました1000円ランチ。

14時を過ぎていたせいか、名物の梅シリーズは完売。
c0011342_13335960.jpg

中華丼をオーダー

エビもお肉もとにかくパーツが大きくてプリプリでとっても美味しかったです。
カニ汁がお供にやってきて贅沢です。
c0011342_13342566.jpg

モツラーメン

冷やし中華のアレンジ版でしょうか。辛い味わいの中にもお酢のさわやかさが女性向きでしょうか。
口にした瞬間、台湾料理!とすぐにわかるあの独特な風味です。
c0011342_1345696.jpg

骨董通りに来たら必ず立ち寄るインテリアやさんSEMPREに。

それから、本日の目的である、青山にあるテネリータの本店でイニシャル入りのタオルをオーダーしてきました。
色や、デザインが選べる刺繍は本当に悩みました。

同じビルにある白山陶器で、次回の急須を下見してきました。シンプルなデザインが素敵です。
c0011342_13445046.jpg

[PR]
by kokotree | 2009-04-25 23:20 | 渋谷・青山・表参道

最近の献立

本日の夕飯

切り干し大根としらすの煮物
胡瓜の胡麻あえ
チキンケチャップソテー
山芋と昆布のあんかけ

昨日は、
棒々鶏
胡瓜とワカメの酢の物
ほうれん草のおひたし

だったかな。

相変わらず質素なお献立。
胡瓜が市場に出だしましたね。
[PR]
by kokotree | 2009-04-20 23:30

学芸大学で

学芸大へ行ってきました。

飲みやさんに、おしゃれな人がほんと多いですね。雰囲気の良い街です。

中華料理で有名な天悠に行ってきました。

先日は、はなまるマーケットにも紹介。

お弟子さんでしょうか。良く教育されているといいますか、しっかりとしたサービスに好感!

名物の麻婆豆腐をまずはオーダー。辛みが選べるのですが、四川のお店なのでちょっと控えめに
2倍で。これ以上は無理かな?と思うほどの丁度良い辛さ。
辛さの中に上手さありといった絶品でした!
c0011342_1323862.jpg

黒酢豚の唐揚はからっと揚げた豚と黒酢味付けが食欲をそそります。
c0011342_1343549.jpg

担々麺は意外と辛さもなく、独特のテイストもなくなんだかさらっといただける一品。
普段は濃いスープが多いですが、こちらはズルズルと飲み干してしまうほど癖になるあじでした。
c0011342_136576.jpg

お店のお弟子さんを始めカジュアルな店内ですが、とても上品な印象。

お皿が凝っていてそれもまた気になりました。

途中立ち寄った、学芸大で有名なマッターホルンのバームクーヘン。

売り切れてました。残念。
c0011342_1310119.jpg

目黒通りでインテリアショップをみながら目黒駅まで歩いて家路につきました。
c0011342_1310176.jpg

[PR]
by kokotree | 2009-04-19 13:10 | 代官山・恵比寿

鎌倉で遅いお花見

お花見もだいぶ落ち着いた頃を見計らい、鎌倉へ行って参りました。
c0011342_23483036.jpg

桜も少しばかり残ってました。
c0011342_23484416.jpg

新緑が美しい有名なイチョウの木
c0011342_23492147.jpg

まずは鶴岡八幡宮でお参りですね。
c0011342_23495070.jpg

天気の良い今日も木陰に入ると気持ちがよい。
c0011342_23501843.jpg

北鎌倉駅前にあるやま本でランチ。名物玉子とじうどん。
c0011342_23505112.jpg

扉が有る訳でもなく、改札を出た人がふらっと立ち寄れるほどのカジュアルさ。またおばちゃんがほんといい味だしてました。
c0011342_23512350.jpg

円覚寺には緑色の美しい紅葉の葉。
c0011342_2352476.jpg

踏切からすぐあるお寺の雰囲気。素敵です。
c0011342_23522787.jpg

小道を入ると可愛らしい雑貨やさんが。若い人も鎌倉好きになるのがわかります。
c0011342_23532334.jpg

目に留まった美しい景色。
c0011342_23535356.jpg

吸い込まれるようにお寺への階段を上がる。こんなお寺あったんですね。
c0011342_2354395.jpg

てぬぐい専門のおしゃれなお店。nugooどれもこれも可愛くてお店に長居してしまいました。鎌倉に来たら是非また訪れたい。
c0011342_23554484.jpg

またちょっと歩くとお寺を発見。石の並びがかわいいでしょ?
c0011342_23563818.jpg

沢山歩いたのでオープンカフェで休憩
c0011342_002635.jpg
ケーキセットをいただきました。
c0011342_005644.jpg
夜は裏路地にある小さな焼き鳥やさんでおっちゃんたちに囲まれながら。二軒目は居酒屋さん。
c0011342_045374.jpg
金目の煮付けは美味しかった。
[PR]
by kokotree | 2009-04-18 00:05 | 神奈川県 鎌倉

吉祥寺でお花見

c0011342_2245271.jpg
桜舞散る井の頭公園に行ってきました。

人、人、人がすごい!!

井の頭公園には混んでいても池を囲むように様々なスポットがあり、
各々にシートを広げゆったりと過ごしていました。
c0011342_22454130.jpg

粉雪のように、桜が舞う中、ボートを漕ぐ風景は素晴らしいですね。

絵になります。

吉祥寺に来たら必ず足を運びたい“ダンディゾン”
c0011342_2250945.jpg


さくっとした中にもっちりした食感がやめられない一番お気に入りのパンやさんです。

公園で早速いただきました。

吉祥寺に来たら雑貨屋さん巡りですね。

cinq plus
まずは、こちらに立寄、マリメッコや、コットン生地のお洋服にいやされます。

moi
かもめ食堂をイメージしたお店。ライトが毎回気になります。

nikitiki
ヨーロッパ玩具を揃えたウッドの可愛いおもちゃが沢山!

coeur de coeur
こだわりのインポート雑貨が揃っています

フリーデザイン
Ittala,marimekkoの品揃えは吉祥寺で一番じゃないでしょうか。

雑貨屋petit
壁が見えない程ぎっしリと並んだ雑貨の山!おもちゃ箱の中にいるような。
c0011342_22504975.jpg


Wicked
ビンテージのアラビアを発見。ほれぼれします。
c0011342_22565747.jpg


cinq
やさしい色合いのオシャレな店内。別世界ですね。
c0011342_22462996.jpg


というのが、おなじみコース。

おちゃらかという日本茶やさんに行ったのですが、外国人オーナーが日本茶を扱うというちょっぴりカルチャーショック的なものを受けました。利根のお茶が多くフレバーティーがポイントでしょうか。
今ですと、桜のお茶というのもありました。
試飲をさせてくれるので、立ち寄るだけでも楽しいです。

夜は、餃子で有名な
みんみんに。
餃子とビールにあさり炒飯。
目の前でネタを包んで焼いてくれるもちもち食感の大振りの美味しい一品でした。
c0011342_230013.jpg


相変わらず、はらドーナッツの行列ができてました。
[PR]
by kokotree | 2009-04-12 13:41 | 下北沢・吉祥寺